HOME > エークラスブログ > アレンジというアナザーワールドへの扉
城西エリア
2018/12/03

アレンジというアナザーワールドへの扉

エークラスブログ

音楽を作る! というと、

作曲がまずは思い浮かぶところだと思いますが、

今回ご紹介するのは、それとはまた別の音楽の作り方(アプローチ?)、

編曲(アレンジ)です。

この編曲、大まかに説明しますと、

作曲が0から新しい曲(メロディー)を作る事に対して、

現存する曲(メロディー)を楽器の編成やアーティストの意向等に合わせて、

メロディーや雰囲気を残しつつ演奏出来るようにまとめて仕上ていく作業です。

というイメージでしょうか。

この編曲(アレンジ)をすると、一つの曲が色々な姿に変貌します。

雰囲気が伝わればという意味での例えですが、

別の次元に住むもう一人の違う私。みたいな感じです。

分かり難いので、

百聞は一見にしかず!

参考になる動画を探しました。


というわけで、今回の題材は・・・

【かえるのうた(別名:かえるの合唱)】


ピアノを習った事が無くてもなぜか歌える

「ド・レ・ミ・ファ・ミ・レ・ド」

原曲は19世紀のドイツで生まれたそうで、

原題は
Froschgesang(フロシュゲサング)

日本語に訳すとこちらも「かえるのうた」となるそうです。

さあ、この超有名フレーズがどのように変貌するのか、

それではご紹介いたします!






YouTubeで見つけたかっこいい

まるで別世界の【かえるのうた】

※各タイトルをクリックすると動画をご覧頂けます。

① カエルの歌を感動的にしてみた
 
   ⇒ かえるのうたでもこれだけ弾けたら、憧れちゃいますよね。

② 【ピアノ】カエルの合唱を感動的にアレンジしてみたら...
 
  ⇒ この哀愁感はなんなんだ!というぐらいの感動作です。

③ すっげぇ壮大な物語が始まりそうな かえるのうた
   
⇒ 西部劇のような、ミステリーのような、一つのドラマがここにある!?

④ 【アレンジ】「かえるのうた」をメタルにしてみた【弾いてみた】
   
⇒ どう見たって、イングヴェイ・〇ムスティンのファン方ですよね。
        私も好きです。ネオクラシカル。


いかがでしたでしょうか?

ジャンルを越えた【かえるのうた】の世界。

不思議と・・・


【かえるのうた】なら自分流に

アレンジできそうな気がしません?




江古田センターではお客様のレベルやご希望に合わせて

ピアノエレクトーンフルートのレッスンを開講中です。


いきなりレッスンは不安が・・・

そんな皆様もご安心下さい。


無料体験レッスン 大好評実施中!


レッスンの雰囲気や先生がどんな方なのか、などなど

気になるポイントを無料体験レッスンでご覧頂けます。


あの曲が弾きたいけど楽譜が見つからない!?


そんな皆様も江古田センターまでお気軽にご相談下さい。

楽譜のお取り寄せや検索など、皆様のお手伝いをさせて頂きます。

楽器のレッスンにご興味をお持ち頂いている方はお気軽に

江古田センターまでご連絡下さい!



または、江古田センターまでお電話でも受付中です。

☎03-6915-8663

Facebookで更新情報をチェック!