HOME > エークラスブログ > 知っているけど、よく知らない曲ってありますよね。
城西エリア
2019/01/08

知っているけど、よく知らない曲ってありますよね。

エークラスブログ

新年明けましておめでとうございます。

2019年も元気に頑張りましょう!


さて、今年最初の四谷センターのブログは


お正月にいたるところから流れてくる


【お琴と尺八のあの曲】



について調べてみました。


さて、あの曲とは・・・

文字で表現する事にムリがあることは承知ですが敢えて表現すると


タン、タラリラタリラン。

タン、タララリラリラン。

ひや~り~~~~~~~。


そうです。皆さん正解です。その曲です。

念のため、正解の曲を掲載しておきますね。

クリックすると動画を見られます。


お正月によく流れているあの曲





なぜこの曲を題材にしたかというと、

お正月になるとTVや街でも本当によく聞きます。

でも、曲名や何に使われる曲なのかなど全く知らないなと思いまして・・・

そこで今回調べてみました。


まず曲名は・・・


春の海  
という曲名だそうです。


さらに詳細を世界のウィキペディアで調べてみると・・・


日本の箏曲家であり作曲家の宮城道雄が作曲した箏曲。

ヴァイオリン版も知られるが、本来は箏と尺八の二重奏である。

新日本音楽を代表する楽曲である。

日本では、小学校における音楽の観賞用教材として指定されているほか、

特に正月には、テレビ・ラジオ番組や商業施設等でBGMとして使用されているため、

今日では正月をイメージする代表的な曲の一つとして知られていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



うん?ヴァイオリン版?こちらも気になったので調べてみました。


春の海 -- Haru no Umi (Violin and Piano)


ヴァイオリン版の原曲は、琴とヴァイオリンの二重奏だったそうです。

動画ではピアノとヴァイオリンの二重奏でしたが、

和楽器とは違う洋風な曲に変化していた事が興味深い点です。


琴や三味線、和太鼓などの和楽器も良い音色ですよね。

でも、なかなか和楽器をさわる機会が無いのも事実。

そんな和楽器に興味がある方にオススメしたいのがこちら!


ヤマハ エレクトーン




いわゆる電子オルガンに属する楽器ですが、

今のエレクトーンは和楽器の音色が凄いんです!

その証拠がこちらの動画。


【アンダー・ザ・シー (和楽器ver.)】5級 Alan Menken


ディズニーの名曲が和楽器の軽やかな音色に合わせて、

原曲とはまた違った表情を見せてくれていると思います。


いかがでしたか?


ちょっと楽器やってみたくなってきたぁ~~!!


という皆さん、ぜひ四谷センターへ起こし下さい。

四谷センターでは、

今回紹介した
ピアノバイオリンエレクトーンのレッスンはもちろん、

サックスフルートなどのレッスンもご用意しております。


もちろん各コース無料体験レッスンもご用意していますよ!


2019年の習い事初めにいかがですか?


体験レッスンのお申込・お問合せは、
こちらの~無料体験レッスンのお申込みはこちら~
リンクをご利用いただくか、

四谷センターまでお電話でも受付中です。


☎03-3357-8610



Facebookで更新情報をチェック!